リノベーションで失敗しないためには?業者の賢い選び方を分かりやすく解説

当サイトはリノベーションで失敗しないため役立つ、業者の賢い選び方を分かりやすく解説しています。
どこの工事会社を利用したら良いか迷っているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
工事を依頼する業者選びで失敗しないための注意点にも触れているので、良い業者を見つけるために役立つでしょう。
それから優良な業者を見極めるためのコツも紹介しているので、自分の希望に合うような工事をして納得の仕上がりが期待できる業者が見つけやすくなるはずです。

リノベーションで失敗しないためには?業者の賢い選び方を分かりやすく解説

建物のリノベーションをしたいけれど、良い業者を見つけられるか不安に思う人もいるのではないでしょうか。
そのような人向けにリノベーション業者の選び方を解説します。
まずは候補となる業者をいくつか見つけ出し、それからそれぞれに見積もりを依頼します。
そしてそれらを比較して対応の良い会社や金額に納得できる会社を探すのがお勧めです。
候補を見つけて絞り込む際には口コミも参考にしたり、比較サイトを利用したりするとスムーズです。

リノベーションとは住まいの性能を向上させるもの

"

リノベーションとは、ライフスタイルに合わせて中古住宅を再生する手法です。
リフォームとは異なり、既存の建物に新しい価値や機能を付け加えます。
リノベーションとは、住まいの性能を向上させる手法でもあります。
自由に設計して、新築よりも低コストで住居空間を作り出せます。
中古物件の工事は築年数により耐震工事が必要になりますが、工事後は建物の価値が高まります。
中古住宅を購入した後のリノベーションでは、リフォームローンを組みます。
リフォームローンは、住宅ローンよりも金利が少し高くなります。
リノベーションは工事を行う場所や広さにより費用が異なるので、事前に確認してから工事を始めます。
環境に優しいリノベーションは、若い世代から高齢者まで幅広い世代に選ばれています。
リノベーションを行う専門会社が現地調査を行い、施工プランを立てます。
見積りの内容に納得できれば正式に契約を締結し、工事が始まります。
マンションのリノベーションは、管理組合の許可が必要になります。

"

リノベーションとリフォームの決定的な違い

"

リフォームは老朽化して機能性が低下したり、見た目が劣化した時にもとの状態に戻すような改修を行う事です。
あくまでももともとの状態に戻す事が目的なので、新たな機能を得る事などを目的としていません。
一方でリノベーションは同じように改修工事を行いますが、劣化した部分を直してもとに戻すという事だけではなく、新たな機能や価値を付ける事を目的としています。
具体的にはキッチンや風呂場などを広くしたり、設備等を増設してバリアフリー化や機能性の高い設備への変更で使いやすく住みやすい環境にするなどがあります。
リノベーションとリフォームの違いはもとに戻す事を目的としているのと、新たな機能や価値を付ける為の改修かという点です。
リノベーションの種類は豊富で、どこまで行うかによってもコストが大きく変わってきます。
施工を依頼する業者によっても、かかるコストが変わるので多くの業者に相談して、比較検討しながら業者選定をすると良いです。

"

ライフスタイルに合わせた住まいを実現できるリノベーション

新築のときには子供たちも小さく、将来的に子供部屋を作りやすくできるような家づくりをされた人も多いのではないでしょうか。
しかし、歳月と共に子供たちは成長して独立、家を出て行くとそこに残るのは夫婦2人だけなど子供がいるときは狭く感じた我が家も成長して独立することで2人だけでは広すぎるなどリノベーションを検討されるケースも多いといえましょう。
リノベーションは、ライフスタイルに合わせた間取りを作り出すことができる特徴を持つリフォーム手法、ライフスタイルの変化で使いにくくなったり家そのものが広くなりすぎてしまう、独立していなくなった部屋を改造して間取りを4LDKから2LDKにするなど現在の生活に合う家づくりを実現できるのもリノベーションの魅力の一つです。
リフォームでは困難とされる水回りの移動なども実現するので、部屋数が多くて無駄が多い家や今よりも大きな浴室やキッチンに変えたないなどそれぞれの理想の家に変えることができます。

理想を追求できるリノベーションの特徴

古い住宅でも理想的な空間を追求できるのがリノベーションの特徴であり、古民家の場合は昔の良いところをしっかりと活かして作り上げていくことができます。
リノベーションを行っていくことを考えたときに、今あるものを活用していくこともでき、昔の良さを感じるデザインを活かせます。
また、間取りを変えていくことができることもリノベーションの特徴であり、リビングを広くするなど、壁を取り除いていくことで、広い空間を作っていけます。
理想的な空間を作っていくことができるように、幅広く情報を集めていくことで実績がある専門業者に依頼することができるようになります。
施工事例をチェックして柔軟な対応ができる業者を見つけて依頼できるようにすることも大事なポイントです。
プロに依頼をすることによって、今まで難しいと感じていたことを実現していくことができるようになるケースはたくさんあるため、相談するところから始めていくことをおすすめします。

知っておきたいリノベーションの基本スケジュールとは

最近はメディアでもよくリノベーションという言葉を見かけるようになりましたが、リフォームとの違いやリノベーションの基本的なスケジュールについては詳しく知らないという人も多くいるでしょう。
リフォームとリノベーションの違いですが国が定めた明確な定義がどちらにもないので、メディアや施工を請け負う会社によってそれぞれの解釈によって使い分けられています。
リフォームは不具合が起きた箇所に対する、現状回復の為の修繕工事のことを指します。
リノベーションは物件の価値を上げる為の大規模な工事で、例えば間取りの変更や壁や天井など室内の解体なども行います。
基本的なスケジュールとしては物件を選び、購入後にどのような家づくりを行いたいかのプラン設計を立てて実際の工事へと進みます。
興味があるという人は施工実績が豊富な会社を選び、どんな家づくりをしたいのかをよく話し合うことが重要です。
後悔のないように専門家のアドバイスを聞き、家族や自分の好みやライフスタイルに合わせた家づくりを行うことが大切です。

リノベーション工事をすれば理想の間取りを叶えられる

リノベーションは建物の改修工事の一種ですが、リフォームよりも大掛かりな工事を行って、工事前の建物が新築だった時よりも機能性やデザイン性などを向上させ、より価値の高い状態にすることが特徴になっています。
リノベーション工事では、既存の間取りを新しいレイアウトに一新してしまうこともあります。
例えば、今まで別の場所にあった浴室を窓際に配置して、前よりも広くなった湯船で外を眺めつつ入浴ができる浴室に変えたいといった希望もリノベーションでは叶えられる可能性が高いです。
また、キッチンの場所を変更して、リビングにいる家族の様子を見ながら調理ができるようにするという施工は実際によく行われている人気の工事です。
リノベーションを計画している時は、施工会社のスタッフとよく相談し、優先順位を考えながら家族にとって一番良い間取りを考えるようにすると良いでしょう。
すぐには決まらないかもしれませんが、理想のライフスタイルや家事がしやすい動線など色々な面から検討することによって、必要な改修工事のイメージが徐々に見えてくるはずです。

リノベーションを検討している場合は相談会の利用がポイント

自宅の一部をリノベーションを検討している場合、どのような内容で工事をするのかや予算なども含めて様々な事を考える必要があります。
ただし初めて利用するという場合、何かが考えて予定を立てたら良いのかわからない事も多いです。
わからないまま悩むのではなく、積極的に相談会などに参加するのがポイントになります。
専門の業者や工務店の他に自治体などが定期的に開催しており、事前に予約をする事で利用する事ができるサービスの1つです。
全く初めてで何も分からないという場合であっても、まずは話を聞いてリノベーションを行う上で何が必要なのかを知る事がポイントとなります。
開催している内容にも特徴があり、個別に利用できる種類もあればセミナーや勉強会といったタイプなどもあります。
最近ではインターネットを利用し、WEBでの相談会を開催している事も多いです。
自分が状況や都合を考慮しながら、どのタイプが一番利用しやすいか考えて酸化する事がポイントといえます。

リノベーションは工事だけでなくアフターフォローも大切

リノベーションで大切なのは工事をしている時だけではありません。
工事をした後のアフターフォローもしっかりしている企業か確認してから依頼することが重要です。
何かあったときのために定期点検を毎年しているなど、サポート体制が整っている企業なら、納得できる工事をする可能性が高いといいます。
また、工事を済ませてからも安心できるでしょう。
アフターサービスに関してホームページで記載しているところもあれば、口コミサイトで紹介されているところも多いです。
両方の情報が合致しているところなら依頼して問題ありませんが、口コミでそれほど件数が多くないのであれば、多少注意をしたほうがいいといわれています。
口コミで信頼できるところを見つけることで納得できる形で工事を行うことができるといわれているため、口コミを重点的に確認したうえで依頼することが重要です。
身近に依頼した経験のある人がいれば、安心してサポートを行う企業だと納得できます。
依頼した人がいない場合は口コミサイトやSNSでの評判をチェックしたうえで依頼することで、納得できる形でリノベーションする企業だといえるので参考にしてください。

リノベーションのイメージと古民家を活用する方法

リノベーションを行うときにイメージが膨らむ方もたくさんいるため、理想とする空間づくりを考えながら、今ある空間の良いところを活かせるように考えていくことも大切なポイントです。
古民家を新しい空間にかえる方法としてリノベーションも人気が高く、味のある住まいにするだけではなく、オフィスとして使う方もいます。
古民家の良いところを残しつつ、新しい空間に変えることができるため、住みやすさに関しては新しく今に合ったものに変えていくことができます。
オフィスで古民家を使う場合、IT系の会社も地方で生活することができるため、テレワークの普及に合わせて働き方を変えていくこともできるようになります。
古民家の雰囲気があると、リラックスしやすい方もたくさんいるため、お気に入りの空間を作っていけるように考えていくことも大切なポイントです。
技術面でわからないことがあっても、担当スタッフに教えてもらいながら、おすすめの方法を見つけることができます。

著者:小谷洋平

筆者プロフィール

山口県山口市出身。
デザイナーとして数多くのリノベーションに携わる。
自身の経験を活かしてリノベーションに関する記事を多数執筆中。
山口市のリノベーションはここ